ベネッセ情報漏洩について考えるサイト

日立ソリューションが内部不正防止対策を提供

ベネッセの大量情報流出事件は、グループ企業内部の元従業員の犯行によって引き起こされましたが、こうした企業内部の情報の不正流出防止対策は、現在、緊急の課題になっています。そうした中、日立ソリューションはこのほど、企業内からの情報漏えいリスクを軽減するため、「内部不正防止ソリューション」(防止のための課題解決型対応策)の提供を始めました。

同ソリューションは、各企業で実施している現状のセキュリティ対策が効果的に運用されているか、対策に漏れがないかなどを明確にし、情報の持ち出し制限を実現するためのセキュリティ関連ソリューションを最適に組み合わせて提供するものです。

ベネッセの情報流出を見るまでもなく、近年、企業や組織の内部関係者の不正行為による情報漏えい事件が多発しています。情報漏えいは、損害賠償金などのコスト面だけでなく、社会的な信用失墜など、企業が受けるダメージはきわめて大きいといえます。そのため、情報の社外への持ち出しを制御し、漏えいした場合でも、その範囲を最小限に抑える仕組みの重要性が増しています。
 
日立ソリューションの提供する不正防止対策は、そうした課題に対応して開発されました。
対策の特徴としては、内部不正に着目した「現状分析サービス」により、必要な対策を明確にしたこと、セキュリティ関連のソリューションを組み合わせた最適なソリューションとしたこと、などがあげられています。こうしたソリューションによって、社内情報を不正に持ち出そうとした場合、その経路に応じた制御を行い、持ち出された後にも利用できないように制御することが可能とされています。